離婚を有利に進めるために必要な浮気の証拠

浮気の証拠イメージ画像

パートナーの浮気や不倫を確信し、離婚を考えたとしてもすぐに「離婚したい!」と相手に伝えたり、騒ぎ立てるのはかえって自分に不利な条件の離婚となる場合があります。

例えば、確たる浮気や不倫の証拠がある場合と、ない場合とでは離婚時の慰謝料の額が全く違うものになってきますし、浮気や不倫はしていても配偶者が離婚する意思のない場合などは、証拠が無ければ離婚したくてもなかなかできない状況になりかねません。そうならないためにも離婚を有利に進めることができるような証拠を集めることが非常に重要になってきます。離婚をスムーズに進めたい人こそ、浮気や不倫の確たる証拠を集める必要があるでしょう。

確実に不貞行為、肉体関係があったと推測できるような証拠

では、離婚がスムーズに進む浮気や不倫の証拠とは一体どんな証拠なのでしょうか?

ひと言で言うと「確実に不貞行為、肉体関係があったと推測できるような証拠」です。

多くの人が浮気の証拠としてイメージするのが、相手とのメールのやり取りや携帯電話などでの通話の履歴、レストランでの食事の領収書などですが、残念ながら実はこれだけでは離婚するために必要な浮気や不倫の確たる証拠とはなりません。

離婚理由として弱い証拠

  • 相手とのメールのやり取り。
  • 電話の通話履歴。
  • デート時の食事の領収書など。
  • 一緒に食事をしているところの写真や動画など。

メールは後々いくらでも言い訳する事が可能ですし、通話記録なども話している内容が分かるわけではありません。ましてや浮気相手とのレストランでの食事などは証拠にすらならない場合があります。

メールの内容に肉体関係をほのめかすような内容があった場合でも、追求した際に冗談だと言い訳されたらそれだけで不貞の事実を認定するにはいたらない場合があります。

確実に不貞行為、肉体関係があったと推測できるような証拠がなければ、自分に有利かつスムーズな離婚とはならないでしょう。

離婚に有利な証拠

  • パートナーが浮気相手とラブホテル等に出入りする写真や動画。
  • 肉体関係があると認めた音声録音データ。
  • 性行為の場面を録画した動画や写真。

必要な証拠は不貞があったことを言い逃れできない確固たる証拠です。例えば、パートナーが浮気相手とラブホテル等に出入りする写真や、浮気相手との肉体関係を事実と認めた録音、性行為の場面を録画した動画や写真、調査会社や探偵などによるホテルに出入りする目撃情報や写真、報告書、などがあれば有効な証拠となり、離婚を自分に有利にかつ、スムーズに進めることができるでしょう。

ただ、こうした証拠を自分で収集するとなると、かなりの労力を必要としてしまいます。例えば、変装して行動を見張ったとしても配偶者には顔や動きの特徴が分かってしまっていますので、簡単にバレてしまう可能性があります。しかも浮気や不倫をしている人はやはりどこかで背徳感がありますので、いつも以上に周囲に気を配るものです。警戒した人間を見張る、というのは容易な事ではありません。また、仕事や自分の生活をしつつも自ら浮気の証拠をつかむ、というのは時間的にも生活的にも制限があり、なかなか難しいものがあります。

素人調査でバレるのが一番ダメ

浮気の証拠集めを自分でやりたがる人は多いですが、一番ダメなのが証拠を入手する前に失敗することです。証拠を入手できなかっただけならまだしも、相手に調査していることがバレたり、浮気を疑っていることがバレたりするのが一番ダメなパターンです。

浮気や不倫をしている人間はただでさえ周囲の目を警戒していますが、一度でも疑われていると思ったらより警戒を強めてしまい、簡単に証拠を掴むことが難しくなってしまいます。

探偵会社へ依頼してくる人の中には、最初自分で調査して失敗したり、相手に気付かれたりしたので、途中からプロにお願いするという人がいますが、警戒感を強めた相手から証拠を掴むのはプロでも至難の技です。通常よりも時間や人員が必要になってしまい、最初から探偵にお願いするよりも割高になってしまう場合もあります。

探偵にお願いする費用をケチったばかりに離婚の証拠を掴むことができなかったり、あとあと探偵に頼んでより高額な費用がかかったりしたら本末転倒です。離婚を有利にかつスムーズに進めるためにも、やはり浮気調査のプロに離婚のための証拠集めを依頼するのが一番安心できて、確実でしょう。

  • 確実に不貞行為、肉体関係があったとわかる証拠が必要。
  • 疑っていることが相手に伝わったら証拠を掴むことが難しくなるので、自分で証拠集めする際は絶対にバレないようにする。
  • 警戒心が強くなった相手からはプロの探偵でも調査が難航し、より費用が高額になってしまう可能性がある。
  • 自分自身での調査に自信がない場合は最初から探偵に調査を依頼した方が良い結果になることが多く費用も安くすむ。
>