浮気調査にかかる探偵費用はいくら?

浮気調査費用イメージ画像

浮気調査をするにはどんな方法であってもお金がかかります。

ただし、自分でやる場合は何かしら調査道具を購入するのに多少の料金がかかる可能性はありますけど、実質無料。成功するかどうかは別としてかなり安く浮気調査することができるでしょう。

探偵や興信所などの調査会社に浮気調査を依頼する場合はそれなりに料金がかかります。事前の準備がしっかりしていれば安く抑えることもできますが、基本的には高額です。最低でも20万、30万。多ければ100万円以上かかる場合もあります。

価格設定は探偵社によって異なります。浮気調査の場合どの探偵社も【時間料金制】【パック型料金制】【成功報酬型料金制】といった三つの料金プランのどれかであることが多いです。

調査にかかる経費の部分を基本料金に含めるか含めないかなど、各探偵社によってルールが異なるので、調査費用に関しては契約前に細かい部分までしっかり確認するようにしましょう。

調査費用が予算内で収まるかどうかは、探偵社を選ぶ際の基準となりますが、お金が安くても浮気調査が成功しなかったら意味がありません。値段だけを見て決めるのではなく、調査内容や調査実績などをふまえた上で決めるようにしましょう。

浮気調査費用が安いのはどれ?

浮気調査の方法は主に3つ。

自分で浮気調査

ひとりでやるか知人や友人、家族などとチームを組んで行うかは別として、探偵や興信所に頼まずに自分で浮気調査をする方法。費用は一番安く済むけど、大変なのと、成功するかどうかは未知数。

探偵社や興信所などの調査会社を利用する浮気調査

浮気調査のプロにお願いする方法。お金は一番かかりますが、確実かつスピーディーに浮気調査を成功へと導いてくれるでしょう。調査会社の中にも種類があり、同じ探偵でも大手探偵事務所や個人経営の探偵事務所、フリーの探偵など色々。料金も各社バラバラです。

街の便利屋さんにお願いして浮気調査

探偵などの調査のプロではなく、なんでも屋さんに調査をお願いする方法。

便利屋さんとは、チケット取得のために並んでもらったり、掃除をしてもらったり、家具の修理をお願いしたりなど、頼みごとを何でもやってくれるなんでも屋さんです。そんな便利屋さんに浮気調査目的でターゲットの尾行や見張りをお願いする人がいます。素人同然で、かつ探偵業界とのつながりもないところがほとんどなので、調査結果に期待できずあまりオススメできません。メリットは料金が安いって部分のみ。

値段が安い順で言うと、

自分でやる > 便利屋 > 探偵

となりますが、浮気調査の成功率などを考えた上でのオススメ度は、

探偵 > 自分でやる、場合によってはスポット的に便利屋さん

という感じです。

お金はかかるけど、確かな結果を出してくれるのは探偵事務所であることに間違いありません。状況によっては自分での調査が効果的な場合もありますが、便利屋さんはターゲットが出かけた際にスポット的に尾行をお願いするなどの使い方がベストだと思います。

ただ、便利屋さんによって引き受けてくれないところもありますし、探偵業法の範囲外になるので、素性のよくわからない便利屋さんにお願いすることであとあとトラブルに巻き込まれる危険性もあるので、やっぱりあまりオススメなできません。

浮気調査の相場っていくらくらい?

ここからは、探偵事務所や興信所などの調査会社について説明します。

探偵社の浮気調査費用の相場は、人によって異なります。調査内容や条件によって変わってくるので仕方のないことです。過去の調査実績や、実際に浮気調査した人の体験談などから判断して、平均的な目安と言われているのが以下の料金です。

基本料金

15,000円~25,000円/1時間あたり
15万~20万/1日(10時間)

平均調査期間

7日~10日。

上記が相場だとすると、1日フル稼働で7日~10日の場合140万~200万となります。ただ、実際は1日10時間稼動することなんて稀で、もっと効率よくピンポイントで調査スケジュールを組むので、1日あたりの費用はもっと抑えられることが多いでしょう。

平均すると、調査終了までに30万~70万円程度かかったという人が多いようです。

相場はあくまで目安として考えましょう

探偵業界はもともと調査料金非公開が主流の業界です。大手探偵社であってもそうでした。

料金を公開しなかった理由は、料金設定が複雑で、調査条件も案件によって異なるので、目安となる料金でさえも一律いくらと設定しにくいからです。

最近では公式サイト上で公開する探偵社も大手を中心に増えてきましたけど、最終的な価格は依頼者の状況、条件でお見積を出すまではっきりしません。

基本は会って相談した上でお見積を出してもらう形となりますが、電話口で大体の目安となる料金を教えてくれる探偵社も増えてきました。インターネットの普及によって、依頼者側の一般人が浮気調査費用の相場を把握することができるようになったので、変に隠すことは不信感を抱かせることにつながります。そうした状況もあって、目安となる価格だけでも公開する探偵社が増えてきたのです。

実際に相談して見積もりをもらって、複数の探偵社で料金を比較するようにしましょう。

浮気調査費用の相場って地域によって違いはあるの?

東京や大阪、地域によって浮気調査費用の相場が違ったりするのでしょうか?

最近は全国調査が可能な大手探偵社が人気を集めています。大手探偵社は本社が首都圏や関西の都市部にありますが、地方に支店も多く、全国どこでも料金設定は変わりません。

ただし、場所によっては出張費が別途かかってくる可能性があります。MR探偵社など、出張費不要の探偵社などもありますが、基本的にはかかるものと思った方がいいでしょう。そう考えると地方の方が多少相場が高くなる可能性があります。

地元に根ざした探偵事務所の場合は出張費がかかりません。しかも、地方の場合、浮気は車移動がメインで浮気スポットが限られているなど、都会の浮気調査とは違った地方ならではの特色があり、土地勘のある地元の探偵社さんの方が料金面、調査結果とあらゆる面で有利と言われています。

浮気調査の料金プラン

時間制料金プラン

一番スタンダードな料金設定です。一時間毎に料金が加算されていくシステムで、最も多くの探偵社で採用されているシステムとなります。

単純に時間計算するだけでなく、基本料金(1日辺りの基本料金(最低稼動時間分の料金))が含まれていることがほとんどです。

つまり、実際の稼動時間が一時間だったとしても、基本料金分は必ずかかるというわけです。

尾行調査などの浮気調査は、ターゲットの動きによって稼動時間が変動します。長時間に及ぶこともあれば、短時間で終了してしまうこともあるなど一定ではありません。結果的に一時間で終了してしまった日があったとしても、その日1日はその調査以外のほかの調査を行うのは物理的に不可能になるので、一時間分の稼動だったとしても、探偵社側のセーフティーネットとして、最低料金が設けられているのです。最低料金は探偵社によって異なりますが、平均すると4時間前後と決めているところが多く、それ以上は延長料金が設定されています。

平均的に1時間あたり15,000円~25,000円。(調査員2名)
経費は別途請求のところがほとんどです。

時間制料金プランのメリット

短期間で調査が終了すれば一番安く済みます。

時間制料金プランのデメリット

調査が長期間になる場合は費用が割高になります。

浮気調査が失敗に終わった場合も費用を支払わなければいけない可能性が出てきます。悪徳探偵社にあたった場合、無駄に調査日数を引き伸ばされて料金を加算されてしまうなどの心配があります。

探偵社によっては調査失敗の場合は払わなくてもよいという契約ところも存在しますので、必ず事前にチェックするようにしましょう。

時間制料金プランが向いている人

ある程度浮気の証拠、情報があり、場所や日時などをンポイントで調査の指定ができる人。
ある一定の時間だけピンポイントで調査して欲しい人。

何の証拠もないけど、何となく怪しいから浮気調査して欲しいって人は、莫大なお金がかかる可能性があるので不向きといえます。

パック型料金プラン

探偵社側で組んだ(30時間分~円)のようなパックを購入するプランです。依頼者は購入分だけ調査してもらえるという料金設定です。

例をあげると、探偵2名利用期間最大5日間分。契約時から3ヶ月間有効で30万円。など。

パック型料金プランのメリット

パック料金制のメリットは、無駄な時間を使わないで済むこと。狙った日に結果が出なかった場合は、残りの時間を別日にまわすなど臨機応変な対応が可能で、時間換算の料金も時間制よりも安い場合が多いです。

パック型料金プランのデメリット

デメリットは時間を使い切る前に結果が出てしまった場合、あまった分が無駄になってしまう点。差額返金は基本的にありません。また、探偵の質が悪かった場合でも、途中返金がない場合がほとんどなので解約して別の探偵社に行くことが難しくなります。

経費などの実費はパック料金に含まれるケースが多いですが、稀にパック料金以外に調査経費などの実費を請求されることがあるので注意が必要です。事前にしっかり確認するようにしましょう。

パック型料金プランが向いている人

ピンポイントで調査日を絞り込めない人にオススメです。

成功報酬型料金プラン

成功した場合に料金が発生する!名前からそんな風に想像して、成功報酬がいい!と言う人が結構いますけど、実は一番複雑でトラブルが多いんです。

そもそも成功報酬プランとは、成功しなかったら無料ということではありません。必ず最初に着手金、手付金を払い、それプラス調査成功後に成功報酬を払います。

成功しなかったら一円も払わなくていいわけではないんですね。あくまで成功報酬分を払わなくていいだけで、着手金や手付金は払う必要があります。

例で言うと、着手金が10万。成功報酬30万で計40万に別途経費。といった感じです。

完全成功報酬型という、成功しなかったら一円も払わなくてもいいというプランを行っている探偵社もあるようですが、このプランは探偵社にとって非常にリスクが高いプランです。稼動したけど、一円ももらえないという可能性があるわけですから。プランを選択する条件が厳しかったり、成功報酬がかなり割高だったりします。

成功報酬型料金プランのメリット

浮気調査の調査費用は基本先払いですが、成功報酬の場合、着手金や手付金の支払いは最初にありますが、全額は後払いできるというメリットがあります。

成功報酬型料金プランのデメリット

着手金、手付金は安く設定されているところが多いですが、成功報酬額を含めるとトータルで割高になる場合があります。

経費などの別途請求される実費が通常よりも高く設定されている場合があります。

成功の条件を確認しましょう

成功報酬型の場合、成功しなかったら成功報酬の支払いは不要です。しかしながら、事前に何をもって成功とするかの判断、認識をしっかりすり合わせておかないとトラブルになります。

浮気調査の場合、浮気の証拠を掴んだら成功と考える依頼者が多いので、ターゲットが実際に浮気していた場合は成功がわかりやすく問題ありません。

問題は、実際は浮気していないということが判明した場合、つまり浮気の証拠は得られず、浮気をしていないということが判明した場合です。この場合も調査自体は成功のはずですが、浮気が発覚しなかったということで失敗と考える依頼者が多いのです。

何をもって成功とするか。事前にしっかり確認しておきましょう。

浮気調査の料金はいつ払う?

浮気調査の支払いは探偵社や料金プランによって異なりますが、基本的には前金制です。

料金プランで言うと、時間型料金制とパック型料金制は前払い。成功報酬型料金制は着手金と手付金のみ前払いで、成功報酬は後払い。

後払いは、探偵社側にリスクが大きすぎます。調査報告を出したのにも関わらず、難癖をつけて支払いをしない依頼者が存在するからです。探偵社側に落ち度がないのに、自分の望んだ調査結果が出なかったからといって依頼料を支払わないケースも多々あります。

浮気調査の経費について

料金プランなどで設定されている価格は基本料金です。普通は、それに様々な経費やオプション費用などがかかってきて総額幾らと請求されます。

パック型料金制の場合は、経費なども込み込みのところもあります。また、依頼者負担の部分と探偵社側負担の部分の設定も探偵社によって異なるので契約前に必ず確認しましょう。

依頼者側負担の経費

  • 移動費(電車代・タクシー代・バス代など)
  • 燃料費(ガソリン代)
  • 入店費(調査のためにお店に入った際にかかった飲食代など。)
  • 駐車場代。
  • 宿泊費。(遠出で宿泊が必要になった場合など。)
  • 消耗品代。
  • 車両代。
  • 出張費。

車輌費と出張費って何?

車輌費や出張費は設けている会社と設けていない会社があります。基本料金に含まれないの?って思っちゃいますけど、車輌費、出張費ってどんな費用なのでしょうか?

車輌費

調査に車輌を使うことのリスクをすべて探偵社側で負担するという意味の費用。車一台につき、8~1万5千円ほどに設定しているところが多いようです。

具体的には、レンタカーを借りたり、危険な運転や路上駐車することによる車のトラブルなどに伴う費用がかかることがあるので、それらすべてを探偵社側で受けるといった意味の費用。

出張費

遠出しての調査の場合出張となります。前乗りしたり、移動に時間がかかったりと、その日は別の調査を行うことができないので、移動日分、移動時間分も保証してもらうという名目の費用。こちらは5千円~1万円程度。

探偵社側負担の経費

  • 通信費(GPS検索代など)
  • 撮影機材費
  • 現像代
  • 印刷代
  • ビデオ・DVD作成費
  • 危険手当
  • 調査報告書作成代

深夜・早朝割増料金

探偵社によっては、深夜・早朝帯の割増料金を設定している探偵社も存在します。時間と料金は各社バラバラですが、大体22時~朝7時くらいまでで割増料金を設定しているところが多いようです。割増額はひとりあたり1,000円~。倍額というところもあったりするので確認しましょう。

値引きってあるの?

基本的に同情による値引きなどは一切ありません。ただ、お見積の段階で決められた予算内に抑えたり、費用を抑えるために調査内容を精査し、予算に合う最適な調査を提案してくれます。

契約前に確認すべきポイント

料金プラン内に含まれる基本料金の範囲

基本プランの料金が、経費などの実費込みかどうかをチェックしてください。経費などの実費がかかる場合は、依頼者側がどこまで負担するかも事前にしっかり確認するようにしましょう。

どこまでの調査が含まれた料金か

どこまでの調査が含まれた料金か。これ結構重要です。確認していないとあとあとトラブルに発展することもあります。調査内容が浮気の証拠を掴むまでなのか、それとも浮気相手の素性調査までも含まれるのか、など。この辺をはっきりさせておかないと、追加請求があったりするので注意しましょう。

見積もりの内訳

調査費用の見積もりを出してもらうわけですけど、必ず見積もり額の内訳を細かくチェックし、すべての請求費用に納得した上で契約するようにしましょう。

追加料金がかかるかどうか

途中で人員を増加しなければ、これ以上調査できないなどといった状況を作って、それによって追加費用を請求してくる悪徳探偵社もあるという噂が…。こう言われちゃったら依頼者側はうなずくしかないですよね…。事前に追加料金の有無についてもしっかりと確認し、納得できる明朗な回答を得られる探偵社を選びましょう。

浮気調査費が安い探偵社

調査費用が高いところが優秀というわけではありません。高額な費用でも粗悪なサービスを受けることは多々あります。逆に安い費用でも優良なサービスを受けられることがあります。料金とサービスは比例しません。

大きな探偵事務所がいいかといえばそういうわけでもありません。

料金面も大事ですが、それだけで決めてはいけません。料金以外に目的を達成できるかどうかの実績と、実際に話してみて信頼できるかどうかは探偵社を決める重要なポイントとなるでしょう。