浮気探偵ができること、できないこと

いざ浮気調査を探偵に依頼したとしても、浮気の証拠を集めるために探偵が何でもできるというわけではありません。

探偵は警察とは違います。基本的には個人情報にアクセスできる権限もありません。

では浮気調査において、探偵はどんなことができるのでしょうか?

探偵に調査を依頼する前に、探偵ができることとできないことを把握しておくようにしましょう。

探偵が浮気調査時にできること。

探偵は2007年に施工された「探偵業法」(探偵業の業務の適正化に関する法律)という法律に基づき、調査を進めていくことになっています。

探偵業法で調査方法が制限

この法律(探偵業法)において『探偵業務』とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。

探偵業方法には上記の記載があり、調査の方法が法律で制限されています。

簡単にいうと、「聞き込み」、「尾行」、「張り込み」、とそれらに類する方法を元に調査しなければならないということです。基本的にはこの3つが浮気調査において探偵のできる事となります。

探偵は映画や小説、テレビドラマで見るような刑事的な特別な権利や権限を与えられているわけではないのです。浮気調査を依頼した場合、探偵は「聞き込み」、「張り込み」、「尾行」を組合わせ、法律を遵守した上で調査を進めていくこととなります。プロの探偵は経験を積み重ねて培った技術により、これらを上手く活用し、浮気の証拠を集める事ができます。

探偵が浮気調査時にできるないこと。

浮気調査で探偵ができないことは、「聞き込み」、「張り込み」、「尾行」とそれらに類する方法での調査以外の方法という事になります。

例えば、浮気相手の家宅侵入や仕返し行為などはもちろん、盗聴をしたり、不正に個人の情報など得ることなどは、犯罪行為とみなされ違法調査となります、いくら調査のためとはいえ、これらはれっきとした犯罪になるのです。もちろん、依頼者の方でこれらを依頼する事もありえませんし、絶対にしてはいけません。

  • GPSをしかける。
  • 盗聴器を仕掛ける。
  • 敷地内に無断で潜入する。
  • 個人情報の不正入手。
  • 別れさせ行為、仕返し行為、もしくはそういった公序良俗に反する業者を紹介してくる。

違法調査と知りながら調査を依頼した場合は、依頼者も罰せられる可能性があります。

きちんとしたプロの探偵はこのようなグレーな調査を行ったり、依頼を受けるということはありませんが、中には探偵業法を超えた違反スレスレの調査をしてしまう探偵業者も残念ながら存在します。違法な調査をせずともきちんとした証拠を集められるような信頼のおける探偵に依頼することが望ましいと言えます。依頼者の方でも「探偵のできること」と「探偵のできないこと」理解しつつも、探偵業者を見極める目が必要という事ですね。

GPSや盗聴器はグレーゾーン?

車などに発信機を仕掛けて対象者の行き先を知ることができるGPSや、対象者の会話内容を知ることができる盗聴器などは、探偵が勝手に仕掛けることは違法です。

依頼者が仕掛けた場合も違法なのでしょうか?浮気調査の依頼者はほとんどの場合、パートナーである家族です。パートナー協力のもと設置するケースは実際あります。その場合は一概に違法とは言えないようでグレーゾーンとされています。

探偵が本来できないはずの行為をアピールしてくるような探偵社には注意!

上記のように探偵業法によって探偵社が行える業務内容は定められています。ほとんどの探偵社は違法な調査をしないようにしつつ、蓄積した経験やスキル、その他情報を駆使して調査に当たっています。

しかしながら、稀に違法な調査をアピールしてくるような悪質な業者も存在します。こういったグレーゾーンを狙うような業者に依頼してしまうと、満足な調査結果を得ることができなかったり、オプションという名目で追加料金を取られてしまったり、最悪違法行為による罪に問われてしまうなど、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

依頼しようと思っている探偵が探偵業法上あきらかに禁止されている調査を行うような可能性があるならば、その探偵社との契約は止めた方が無難でしょう。

探偵業法に基づいた適切な調査を行うかどうかは、届出証や認可証の有無でも確認可能です。公式サイトなどに探偵業認定番号があるかどうかをチェックしましょう。「都道府県公安委員会 第●●●●●号といった表記があります。